ブログ

「ヘタウマ」を考える

ウメです。

「ヘタウマ」という言葉をご存知でしょうか?

なんとも力の抜けるようなフレーズですが、これは、あらゆる創作活動において、技術の稚拙さ(=ヘタさ)が、かえって個性や味(=ウマさ)となっている状態を表す言葉です。

つまり、「テクニックはないが、センスが優れている」という事になります。例えば、写真のように精巧に描かれた絵画よりも、どこか荒削りでスキのあるイラストの方が魅力的に映る事って、よくありますよね?

それと同じで、音楽家も漫画家も俳優も漫才師も、テクニックばかりを求め過ぎると、作品や演出が「機械的」になり、面白みに欠けてしまうのです。せっかく努力しているのに、何とも皮肉な事ですが(涙)…。

もちろん、テクニック自体を否定するわけではありません。仮に「俺は音楽センスだけで勝負するんだ!」と意気がってみた所で、練習をサボっているドラマーがいたとすれば、彼の評価は単なる「下手くそドラマー」で終わってしまう可能性大ですね(汗)。

ここで言う「センス」とは、人を惹きつけてやまない程、魅力のあるものを指します。この部分が「大きく」突き抜けているからこそ、「多少の」テクニックの未熟さが、個性や味となって生きてくるわけなので、結局の所、日々のテクニック向上は必要です。

その上で、どうやってセンスを磨いていくか?こればっかりは、目に見えないものだけに難しい問題ですが、一つ言える事は、「自分の武器を見定めてひたすら磨く!」という点です。

分かりやすく実力テストの例で言うと、英語・国語・数学・理科・社会の5教科で平均的に50点ずつ取る事を目指すよりも、たとえ4教科の平均が40点でも、残りの得意な1教科では確実に90点を目指すイメージです。この両者、見た目には合計点数が同じでも、採点者に与えるインパクトは全く異なります。

もちろん、入試等の場合は、総合的に凸凹のない実力が求められますが、これが社会人になると、状況は一味も二味も変わってきます。今の広い社会の中で、「もっと自分の存在感を発揮していこう」「もっと自分のスキルを生かして稼いでいこう」と考えれば考える程、自分だけの武器をピカピカに磨いて、他者との差をハッキリとさせる必要性が出てくるのです。昨今、「スモールビジネス」にスポットが当たってきているのも、そういった時代の影響かも知れませんね。

おっと!話が反れたので、そろそろ結論を…。

私が思うに、「ヘタウマ」というのは、決して狙って「なる」ものではありません。受け手(聴き手)がそれぞれの主観によって「感じる」ものです。当然、人によって感じ方にバラツキがあるので、これらは「相対的」な評価に過ぎません。

発信する側は、あくまで「ウマウマ」を目指して精進していく中で、同時に自分の武器を探して徹底的に磨いていく。それがセンスとなって受け手に伝わり、何より自分の中では「絶対的」な自信となって残るのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る