ブログ

「スネアの音作り」に思う②

ウメです。

ドラムの音作りとは、主に「チューニング」の事を指します。

チューニングとは、一般的には基準の周波数で音程を合わせる事を言いますが(ギターやベースの場合ですね)、ドラムの場合は、「求める音色を作る」という事になります。何とも表現が曖昧なのは、以前から書いている通り、ドラムには明確な音階がないため、ドラマーの好みやこだわりによって音の仕上がりが異なるからです。

具体的なチューニング方法としては、チューニング・ボルトを締めたり緩めたりする事によってドラム・ヘッド(皮)の張り具合を調節し、ピッチや音色を決めていきます。ズバリ!この作業こそが、ドラマーたちを悩ませている元凶なのです(笑)。

スネアも含めて、シンバル類以外の全てのパーツは、基本的に同じ方法でチューニングを行いますが、いずれも自分の納得するような音を出せるようになるためには、ある程度のコツや経験が必要になります。とりわけスネアに関しては、ドラム・サウンドの中心を担うパーツのため、チューニング次第で全体の音の印象がガラリと変わってくるわけです。

チューニングの大まかなメカニズムを説明しますと、ヘッドにはトップ(表)とボトム(裏)の2種類があり、この2枚のテンション(張り具合)の差を微妙に変えていく事で、自分好みの心地よいサウンドを作り上げていきます。

例えば、トップを強く張るとピッチ(音程)が高くなり、同時に「パン!」というアタック感が得られます。逆にボトムを強く締めると、アタック感よりも「パーン」というサステイン(伸び)が強調されます。この両者の絶妙なバランスをつかむためには、ひたすら試行錯誤しかありません(汗)。

チューニングのさらに細かい手順については、教則本やDVDを見た方が分かりやすいので割愛しますが、スネアの音色はドラマーのカラーを決め、個性を表現する大切な要素になるので、ぜひとも理想のサウンドを追い求めて、めげずにチャレンジしていきましょう。ちなみに、私はタイトな音が好きなので、トップをパンパンに張って、ボトムをやや緩めています。

また、スネアはチューニングだけでなく、口径や深さによって根本的なピッチが異なり、シェルやヘッドの材質の違い、スナッピーの張り方等によっても音色が変わってきますので、お金と機会があれば、色々なものを試してみるのもアリだと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る