ブログ

「スネアの音作り」に思う①

ウメです。

自分のスネアの音に関して、「なんか薄っぺらくて物足りないな」「もっとプロっぽい音を出せないかな?」等と悩んでいる人もいるかと思います。

初心者がドラムを始めて少し経つと、プレイだけではなく、サウンド・メイクの方にも強い興味を抱くようになります。当然、ドラマーとしての自分の耳も肥えてきて、よりカッコイイ音や存在感のある音を追求するようになるからです。

その中でもガツンとぶつかる高い壁が、「スネアの音作り」というわけですね。でもご安心を!悩んでいるのは、あなただけではありません。これは誰しもが通る道で、実はプロのドラマーですら頭を悩ませている難題なのです(笑)。

それだけ、スネアの音作りは、ドラマーにとっては永遠のテーマなのかも知れません。かつての私もそうだったのですが、ライブをやっていても、対バンのドラマーたちのスネアが皆カッコ良く聴こえて、どうも自分の音だけがショボく感じてしまうのです。それだけでなく、プレイに関しても、いつも自分が一番ヘタだと思っていて、もがいていた日々を思い出します。

今にして思えば、当時の私には、「いち早くバンドでデビューする」という目標しか見えておらず、「もっともっと上達したい」「俺なんかまだまだ」という焦りから、気持ちが空回りしていたのでしょう。でも実際には、大きな目標を掲げて努力しているのに、自分だけが劣っているなんていう事は全然なくて、逆に成長しているからこそ体感する、若さゆえの「副作用」のようなものだと思います。

自分のスネアの音がイマイチ気に入らないのも、周りが全員ウマく見えるのも、あなたのドラムのスキルが上がってきている証拠。むしろ喜ばしい現象なのです。だからあまり自分を追い詰め過ぎず、その気持ちをゆったり楽しみながら、明日へのバネにする事が、ドラム上達のコツだと思います。

もちろん、音作りのため、日頃からの試行錯誤は必須です。その繰り返しの中でこそ、「コレだ!」という最高の音に巡り会う瞬間が必ずあるからです。しかし、その最高の音も、不思議と時間が経てば、また物足りなく感じるようになるもの。当然ですが、私たち人間の好みというものは、日に日に変わっていくからです。結論的に、サウンド・メイクにゴールはないという事ですね(涙)。

明確な答えがないから面白い。流動的だから奥が深い。ドラムとはそういう楽器だからこそ、人間である「ドラマー」の魅力にスポットが当たるし、磨き方によっては、無限大に個性を発揮することも可能なのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る