ブログ

「スティック・ワーク」は、ドラマーの生命線

ウメです。

今回は、「スティック・ワーク」について書いてみたいと思います。

ドラマーにとって、「ドラム・スティック」は体の一部のようなものです。スティック自体は楽器ではありませんが、もしこの「細長い棒」がなければ、パワフルでアタックの効いたドラムサウンドも一切存在しません。そして、スティックはダイナミックさだけでなく、人間の手では決して出す事のできないような微妙かつ絶妙なタッチですら、時にさらりと表現する事ができるのです。そう考えてみると、スティックとは、ドラマーの腕や手を超えた、「魔法の杖」ともいうべき偉大なツールなのです!

と、久々に熱くなってしまいましたが、これは決して大げさな話でもなく、私は最近しみじみ思ってしまうのです。

「スティックを考えた人って、ホント凄いなぁ」と(笑)。

それを言ってしまえば、ドラムという楽器を思いついた事自体が凄いし、さらにルーツを辿っていくと、「音楽って、ホント素晴らしいよね!」っていう所に行き着くわけなんですが…。

これは楽器に限らずですが、日頃は当たり前のように使ったり目にしている物であっても、ふとした機会に、その「機能性」や「用途」について少しばかり掘り下げて考えてみると、その裏に潜む時代背景や人々の試行錯誤の跡が見え隠れして、何とも言えない感慨深さがあるものですね(涙)。

そろそろ話を戻しますが、ドラマーにとってスティックの役割とは、パワフルかつ繊細なサウンドを演出する事だけではありません。私が強くアピールしたい、忘れてはならないスティックの意外な魅力とは、

「ドラマーを視覚的に装飾する」

この一点に尽きます。以前のコラムでも何度か書いているように、ドラムという楽器が他の楽器と大きく異なる点は、演奏時の「アクションの大きさ」です。ドラムはサウンド自体の圧倒的な存在感もさることながら、特にライブ等では、ドラマーのアクションが観客にとって視覚的なスパイスとなり、ステージを大いに盛り上げる要素となるのです。

そのドラマーが振りかざすスティックの軌道は、キレのあるフレーズでは残像で円のように見えたり、スローテンポでは心を静めるかのようであり、トリッキーなフレーズの時はまるで生き物を操っているかのような、多種多様な視覚的効果を、無意識に観客に与えているのです。ドラマーの巧みなスティック・ワークは、時に「セクシーさ」すら感じさせるものです。

「アクションありき」のドラマーにとって、スティック・ワークは自らを彩ってくれる、まさに「生命線」。こういった視点で考えてみると、一つ一つのショットやフレーズに対する意識も変わってきそうですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る