ブログ

「クリック無し」の醍醐味

ウメです。

クリックについて長々と書いていますが、またクリックについての話です(笑)。

と言っても、今回は「クリック無し」の醍醐味について考えてみたいと思います。読んでそのまま、クリックを聴かずに演奏するという事ですが、レコーディングにおいても、あえてクリックを使わない事によって、「ライブさながらの躍動感」を得られるというメリットがあります。確かに、ライブでは基本的にクリックを聴きません(注:例外として、「同期」させる場合等はクリックを用いる)。

レコーディングと言えば、「キッチリ作り上げる音源」といったイメージがあります。それこそが、リスナーにとってのCDならではの魅力でもあるわけですが、必ずしもカチッと作り込む事が良いかと言うと、実はそうとも限りません。多少荒削りであっても、それが心地良い「ライブ感」となって、ダイナミックな作品に仕上がる事もあるのです。前回お話しした「一発録り」なんかは、クリック有りでもライブ感が出せる録音方法です。

元「CRAZE」、現「D’ERLANGER(デランジェ)」のドラマーである菊地哲さんが、かつて「Body」というバンドで活動していた時の事。1stアルバムのリリースを特集した雑誌のインタビュー記事の中で、「今回、レコーディングでクリックは使わなかった。クリック無しで同じ曲を2回続けて叩いた所、全く同じタイムだったので、自分のテンポを信じられるようになった(趣旨)」 といったような菊池さんの言葉がありました。当時まだ中学生だった私は、「超カッコイイ!」と興奮し、このアルバムを聴き込んだものでした。

ただ自由奔放に叩くのではなく、自分の体内リズムを構築する地道な作業と自身のテンポを信じ切る責任感があって初めて、クリック無しの醍醐味が最大限に発揮されるのだと思います。そこで生まれる独特の「グルーヴ」こそが、「自由さ」となってリスナーの耳に還元されるのでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アビリティ・プラン Facebookページ

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る